ツートンカラーにする場合の注意点

外壁塗装はどうしても一色にまとめなければならない、ということは決してありません。選べる色の選択肢が増え、組み合わせでより個性的な家に仕上げることも可能です。

ツートン塗装の色選びは難しい?

1色選ぶだけでも難しく感じる人が多いので、ツートンだとよりハードルが高いと感じられるかもしれませんが、まずはメインになる色を決め、2色目はその同系色または近い色(色相環で隣り合わせになる色)を選ぶならいびつになることはまずありません。例えば同じブラウンでも明度や彩度の違った2色を組み合わせるなら、調和のとれたカラーリングにできるでしょう。また建物全体の上下で色分けする場合、濃い色を下に持ってくるようにしましょう。

ツートンのお家

3色にするとまとまりやすい

2色でしっくりこないという場合、あえて3色目を加えるという方法もあります。この場合、色の組み合わせを計画する際に塗装面積を3等分してしまうのではなくまずは「ベースカラー(全体の70%)」、次に「アソートカラー(全体の25%)」、最後に「アクセントカラー(全体の5%)」という順番で選んでいけばカラーリングはまとまりやすくなります。
また、カラーシミュレーションをうまく活用し、お住まいの全体的な色を決めていくことがおすすめです。街の外壁塗装やさん千葉中央店では、無料でカラーシミュレーションを承っていますので活用してみてはいかがでしょうか。